マイホームには10歳になる牡のヨークシャ・テリアがいます。
日頃、家庭が溺愛やるのをトラブル極まりないというやり方で聞き流し(撫でようとすると止める)料理時折非常にあざとい面持と仕草で擦り寄って来るまさかのツンデレ??素晴らしい奴め。
飼主としては可愛くて仕方がない我が家の芸能人みたい有だ。そりゃぁもう忌々しいぐらい可愛らしいので絶えずどう決めるかと悶々としています。
マイホームではTVや図書に出ているおんなじ犬材質ですヨーロックを見れば、コイツウチのに似てるんじゃない??ウチの犬もマスメディア拡散できんじゃない??と騒ぐケア。そうです。親ばかだ。凄まじいもんです。
昼間は出勤で家庭には第三者がいないので彼は最初匹で留守番だ。近所のお客様の講話だとガーデンにカラスや猫が入ってくればここぞとばかりに狂った様に吠え立てているようです。随分うまい我が家の番犬だ。(ただし吠えられたお客様はちっとも動じていないらしき)
家人は帰宅するとさっさと、キャラクター用のソファ(の上に有るふっくらのバッファ)の上でくつろぐ犬の元へ駆け寄り一年中留守を守り抜き切った犬をここぞとばかりに労います。聴いたものが眉を顰めるような猫撫で声をあげ犬を撫で回します。側にいた他の家人が著しい顔つき(科白では表現できない)でその様態を見ていても、自身は慣れているので気持ちにしません。
今一つしつこくすると噛まれます。でも全力じゃないです。甘噛みだ。この前幾らか血液が出たけど大丈夫です。いまだに全力じゃないです。情愛はいる筈。本当です。信じてる。