Month: 3月 2017

新橋の待ち合わせ場所として有名なSL広場とそのSLについて

新橋駅前にあるSL広場はよくテレビのインタビューに出てきます。そのSL広場に止まっている蒸気機関車C11はずっと姫路機関区に所属し、引退まで中国地方のローカル路線で走っていました。よって、止まっているSLにとっては新橋と何ら関係のないのです。そんな縁もゆかりもないC11ですが、今では新橋といったらSL広場と言われ、その止まっている蒸気機関車として有名になりましたし、駅のホームから見えるほど駅から近いので、待ち合わせ場所としても十分利用できます。
ちなみに、そのC11は1日3回ほど汽笛が鳴るそうです。私が新橋に行ったときに急に大きな音がして何だと思ったのですが、汽笛だったと知って、列車接近を知らせるための汽笛から時間を知らせるための汽笛として今は活躍していると思うと、何だかあたたかい気持ちになります。
そして、SLを見る限り古さを感じさせないほど状態が良さそうなので、関係者がちゃんと整備をなされているのでしょう。ずっとSL広場の一員として新橋にいてほしいです。アリシアクリニック 17箇所

じん臓についてってホ胸的に関しまして研究しました

じん臓などについて勉強をしました。じん臓は、約100万個のネフロンというごとからなり、血を通じて運ばれたくずをこしとります。また、尿のもとを再吸収して血中頃の湿気や塩の濃度を調節します。次は、皮膚に関してだ。皮膚には、気温や疼痛などを察する感受性店が分布し、外界のようすを感じとることができます。再度、皮膚には体温を調節する営みもあります。暑い時折、汗せんから汗が出て蒸発すると共にからだのエナジーをうばって体温を下げます。寒いときは筋肉が縮んで皮膚の落とし穴をふさぎ、エナジーが出歩くのを防ぎます。これが鳥肌だ、次は、ホ母乳たぐいにおいてだ。息は肺息だ。体温は、恒温(周囲の気温が変化しても体温を一定に保つ)だ。心臓は、2心房2心室だ。うまれユーザーは、胎生(父母の全身で子を育て、小さい子をうむ)だ。このようなことを勉強しましたが、ネフロンなど知らない陳述も出てきたので、だいぶ勉強になりました。